コロナウィルス対策にビタミンD摂取も

太陽に当たる人

日本人に絶対的に足りていない栄養素

 

それはビタミンD

 

ビタミンDに期待できる効果

以前は骨粗鬆症の予防のために注目されていましたが、

3月12日の「主治医が見つかる診療所」では

現在は、

免疫力アップ

花粉症改善

がん予防

にも医師の間でも大注目の栄養素のようです

 

ビタミンDの摂取方法

ビタミンDは魚介類やキノコに多く含まれます

中でも、きくらげでは、食物繊維も同時にとれる優れもの

 

 

きくらげの食べ方戻し方

脂溶性なので、炒めたり、揚げたりするのと

吸収が良くなるようで

テレビでは

きくらげの天ぷら

きくらげのキムチ炒め

後、

きくらげを先に炒めてから卵を入れて
きくらげのだし巻き卵

などが紹介されていました

 

もともと、きくらげ大好きなので、

早速、ぬるま湯で20分ほど戻して

きくらげのごま油和えを作って酒の肴に(o^―^o)ニコ

 

ちょ~~~~美味しい~~~~

 

きくらげの最もおいしい戻しかたは、

お水で24時間だったかな?

冷蔵庫で戻すのが、うまみも逃げないで美味しく戻せて

その後、冷蔵や冷凍で保存もできるらしいですよ
(詳しい日にちは忘れちゃった💦)

 

きくらげの美味しい食べ方レシピ

 

ビタミンDを摂るだけでいいのか?

ビタミンD欠乏症の原因

ただ!!!!

ビタミンDを吸収するためには、

日光に当たることが必須!!!

太陽に当たる人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

太陽光線が悪いという情報による、
過剰な紫外線対策で、ビタミンD欠乏症が急増しているようです

「ビタミンD欠乏症」の子どもが3倍増。原因は紫外線対策のやり過ぎ?

なんでもそうですが、バランスが大事

ちょっと話はそれますが、

今のママたちの、異様な清潔への潔癖症

あれも、自分の身体も子供の身体も、

その免疫機構を弱めて行っています

 

免疫力を上げて病気にならない身体創り

コロナウィルスが蔓延して、外出もままならない今こそ!!

太陽とも仲良しになって

もう一度、人間の身体の免疫機構に目を向けて

病気にならない

病気に負けない

身体創りをしていきましょう!