交通事故後の治療(自賠責保険)は整骨院でできますか?【福岡市 志免町 糸島市 交通事故 むち打ち治療】

Q)交通事故後の治療(自賠責保険)は整骨院でできますか?

A)はい できます

交通事故の治療は整形でしかできないと思っていらっしゃる方も多いようですが、

交通事故の衝撃で発生するむち打ちや、打撲、背部の痛みなどは、整骨院で対応できます

事故の治療は、事故の激しさにもよりますが、きちんと治療を受けれたかどうか、

痛みがきちんととれたかどうがに関わらず、おおよそ3ヶ月から6ヵ月で保険会社から

治療の終了を迫られることが多いです。

整骨院での施術は、電気治療などを使いながら、痛めている場所を丁寧に触診し、

特定し、手技療法で筋肉の硬結を緩め、関節の可動性をあげ、早期の回復を目指します

また、治療以外のことでも、弁護士、行政書士との連携で、被害者の方の、

心の支えにもなっていきたいと思っています

交通事故にあってしまった際、整骨院で治療を受けるまでの流れについてご説明します

目次
警察に人身事故の届けを出す
病院を受診し警察に提出する診断書を出してもらう
通院したい整骨院を保険会社に伝え整骨院を受診する
整骨院での治療をスムーズにするための病院選び
整形外科と整骨院の治療にはどんな違いがありますか?

警察に人身事故の届けを出す

交通事故にあってしまった!!
そこから整骨院での施術開始までの流れをご説明します
交通事故でのお身体の治療を開始するにあたっては、必ず、警察に人身事故の届けをする必要があります
当日痛みを感じない場合も、翌日や翌々日に頭痛がでたり、急激に痛みの増強や気分の不良が見られる場合があります
事故当日は痛みを感じなかったために物損にした場合でも、後日人身への切り替えは可能ですので、必ず痛みがでたらすぐに痛みがでた旨を相手方の保険会社の担当に伝えてください

病院を受診し警察に提出する診断書を出してもらう

保険会社に痛みがでた旨を伝え、病院を受診し、診断書を出してもらいます
事故日から病院受診日までが2週間を超えてしまうと、事故との因果関係を証明することが難しくなり、治療が認められなくなることがあります
実際に2週間以上経って痛みがでた方もいらっしゃいます
事故にあってしまった場合、あまり痛みを感じない場合でも、一旦病院を受診されることをお勧めします

通院したい整骨院を保険会社に伝え整骨院を受診する

保険会社に通院希望の整骨院名を伝え、整骨院を受診します
整骨院では、病院での診断書に書かれた部位しか施術が認められない傾向があります
病院ではしっかり、痛みの場所を伝えて、診断書に書いてもらえているか確認し、コピーが取れたらコピーをとって整骨院に提出していただけたら、施術がスムーズに進みます

整骨院での施術をスムーズにするための病院選び

今後の施術を整骨院で行いたい方にはここで一つ問題が・・・・。
最初に受診した病院のDr.が整骨院での併用受診を認めない場合、嫌がる場合ががあります
患者さまは基本、どこで治療を行うかは自由なのですが、最初に受診した病院が整骨院の受診を嫌うと、なかなかその後の整骨院での治療がスムーズに行かなくなる場合があります
被害者の方が、治療を継続するためには、月に1回から2回の病院の受診が求められます
整骨院の治療を選んだばかりに、病院に受診を拒否されてしまうと、治療の継続が難しくなる場合があります
スムーズに病院と整骨院の併用治療を行いたい場合には、整形外科と提携のある整骨院を選ぶことが賢明です
元々受診したことがある整骨院などがありましたら、まず、そこに問い合わせて整形外科との提携があるか、また整骨院を受診したことがない場合は、いくつか受診したい整骨院を選んで、問い合わせの電話をし、整形外科との提携があるか、また折角お電話をかけたら、そこがどのような治療をするのかも確認する事をお勧めします

整形外科と整骨院の治療にはどんな違いがありますか?

病院でのむち打ちに対する治療は、おおむね湿布・鎮痛剤の投薬が多く、時に牽引や電気治療などが多いようです
整骨院は、一人一人の症状に合わせた徒手療法が中心のところが多いです
当院での施術は、電気治療や温熱治療に加え、、痛めている場所、痛みがでているいる場所を丁寧に触診し、特定し、手技療法で筋肉の硬結を緩め、関節の可動性をあげ、早期の回復を目指していきます
また、施術以外のことでも、弁護士、行政書士などとの連携をとって、被害者の方の、心の支えにもなっていけたらと思っています
ちなみに、病院でのレントゲンやCT,MRIでの画像診断など医師や第3者が客観的に認識できる症状のことを他覚所見といいます
実際、むち打ちの症状は自律神経系の障害や軟部組織(軟骨部分や筋肉や靭帯など)の損傷によるものが多く、特にレントゲンだけの診断では、他覚所見では出ないことが多く、患者様の自覚症状によるところが多いために、実際に患者様は強く痛みを感じているにも関わらず、なかなか、その症状を理解してもらえないことが多く見られます
整骨院ではレントゲンやCT,MRIでの画像診断など他覚所見はとれませんが、当院では、患者様のお身体をしっかり触診して、痛みの出ている部位や関連部位の筋肉の硬結(損傷して硬くなっている部分)や、動作に伴う痛みなども探して、ひとつひとつ丁寧に施術してきますので、ほとんどの方が3か月ほどで後遺症もなく施術を終了されます