交通事故時の対処法 【福岡市 志免町 糸島市 交通事故 むち打ち治療】

交通事故にあった時、あなたはどうします?対処法と治療はおまかせください。

自分は安全運転しているから大丈夫と思っている方も多いと思います。
しかし当院に事故にあって治療に来られる方のほとんどは

「信号で停車していた」

「制限速度を守って運転していて横からぶつけられた」

「自転車で青信号の横断歩道を渡っていて巻き込まれた」

など相手の不注意などで巻き込まれるケースが多いのが現実です。

今回は交通事故に遭った時にどのように対処するのがいいのか?

適切な治療を受けるためにはどうしたらいいのか?についてお伝えしていきます

事故に遭ったら

1. 身体の安全を確保する(ケガ人がいる場合は安全な場所に移動する)
2. ケガ人がいる場合は119番(救急) ケガ人がいない場合は110番(警察)に連絡する。
3. 保険会社に連絡する(自身が加入している自賠責保険会社)
4. 事故相手の情報の確認(名前・住所・連絡先)できれば名刺などをもらう
5. 相手の車両ナンバーを写真に撮る
6. 現場状況、車両の傷を写真撮影
7. 所持品の破損状況を撮影
8. 事故直後、症状を感じなくても、必ず病院を受診する。

治療

当院では病院と連携し医師の診断の下、治療を行っています。
1.可動域・神経症状・筋力検査
2.症状に合わせた治療内容・期間の説明と確認(インフォームドコンセント)
3.患者様の同意の下、治療開始
4.治療内容は症状により異なりますが、基本は手技による治療と電療をおこないます