院長挨拶・スタッフ紹介

 
院長挨拶・スタッフ紹介

うぃんぐ整骨院・うぃんぐ鍼灸院 六本松本院

院長 岡田 恵理香 (うぃんぐ整骨院 総院長)

皆様の健やかな毎日をお手伝いします。

病院リハビリテーション科での理学療法士としての20年以上のキャリアがあります。
その知識と経験を皆様の治療にフルに活かしていきます。 柔道整復師としての手技療法に加え、理学療法士として培った様々なテクニックを駆使し、 皆様の健やかな毎日のお手伝いをさせていただきます。

● 略 歴
1963年 炭鉱の街、福岡県田川市に生まれる
教育熱心な両親の元、物心付いた頃には ピアノ・習字は両親に仕込まれる
人の心の暖かい長屋で育ち、小さい頃からお転婆で、いつも、近所のおにいちゃんたちと、ビー玉や、メンコをして、泥んこになって暗くなるまで外で遊びまわっている子でした。
小学校3年生から2年間クラシックバレエ 、小学4年から中学3年までのめり込んでいたスイミングでは、九州ジュニアオリンピックに出場したことも・・・
1984年 国立療養所福岡東病院附属 リハビリテーション学院卒業
2003年 福岡柔道整復専門学校卒業
2003年8月 うぃんぐ整骨院開設
● 性格
良いも悪いも馬鹿のように生真面目です。
なんにでも、めいっぱい取り組みます。
仕事も遊びも120%打ち込みます。
好奇心旺盛。なんでもかんでも知りたがりです。
肉体や生命はまだまだわかってない事の宝庫なので、本当に興味津々。
この素晴らしい生命体がどうして出来たのか、そして、どうして守ってゆくか、そんなことをいつも考えています。
宇宙の話しや、神様の話、精神世界の話も大好きです。
● 特技
「朝から晩まで元気!!!!!」なこと。
これが、最高の特技かと・・・・
朝一の患者様から、ラストの患者様まで、同じ元気とパワーと笑顔で対応。
元気の秘密は・・・・・
この仕事が大好き! 人が大好き!
その大好きな仕事で、大好きな皆様の健康に貢献できるので、どれだけ働いても自分でもびっくりするくらい元気いっぱいです。
もうひとつは、H19年から飲み続けているサプリメント。
多少の無理をしても、肉体は元気でいたい私は、今まで、いろいろなサプリメントを飲んで見ましたが、いつも数ヶ月で続かず・・・
でも、このサプリメントはオリンピック選手も愛用する本物!
細胞レベルでの健康に興味のある皆様には是非ご紹介したい逸品です。
● 趣味
ダイビング

スキンでも、スキューバでも、海の中が大好きです。 地上に居て、唯一、重力からフリーになる体験ができます。
スキューバでは、美しい海の中の世界に全てを預け・綺麗な魚たちと過ごす極上の時間。
全ての音はシャットダウンされ、唯一聞こえてくれるのは、自分自身の呼吸音のみ。
すべてのストレスからフリーになれる時間です。
そして、水着になる機会が多いので体型の維持にはとても気を配ります。
これも、自分を律するひとつのツールです。
また、日に当たることを嫌われる方を多く見かけますが、ビタミンDを活性化して体にカルシウムを取り込むためには、日光浴も不可欠です。

あまり、太陽を嫌わず、お日様に当たる時間もおつくりください。

社交ダンス
これは2007年12月に患者様のご紹介で初体験して以来、私のライフワークになりました。
2009年6月から主人を引き込み、10月よりアマチュア競技選手としてスタート2010年10月D級に昇級 これからますます高みを目指し、クオリティーを高めていきます。
ダンスのウォークは過去経験したこと無いほどの歩幅バックウォーク ターンなどなど ダンスの動きは姿勢の矯正・シェイプアップに最適!
ステップを覚えたり、今まで使ったことのない筋肉を使うことは、脳の神経伝達の再教育にも最高です。

また、女性は綺麗なドレスを着たり、普段よりもっと綺麗なお化粧をする機会がもてたりすることで、女性ホルモンの分泌も活性化するのか、ダンスをしている女性は70歳80歳になっても、キラキラとお綺麗です。

うぃんぐ整骨院・うぃんぐ鍼灸院 糸島院

糸島院 院長 清水 一寛 (柔道整復師/林・ゆうきプログラム指導員)

膝・股関節がつらくないですか?

はじめまして、柔道整復師の清水です。一人でも多くの方に健康寿命を長く過ごしていただくために 日々勉強中です。
そのためには患者様の協力も必要ですので、一緒にご自身の体をケアしながら より健康な体作りを目指していきましょう。私自身もフルマラソンに毎年挑戦していますので 去年より今年、今年よりも来年とステップアップを目指して奮闘中です。
マラソンに挑戦したい方もぜひご相談ください。

うぃんぐ鍼灸整骨院 志免分院

志免分院 院長 岡田 幸長

患者様のご相談に誠意をもってお応えします!

はじめまして!うぃんぐ鍼灸整骨院志免院 院長 岡田幸長です!
 作業療法士・理学療法士を両親に持つ医療一家の元で育ちました。大学では生物のことを学ぶために長崎大学の水産学部に進学しましたが、医療に関する好奇心が次第に強くなり、路線を変更して医療の道に進むことを決意しました。本院である六本松で4年間の厳しい修業の後、H29年4月から分院の志免院を任せていただき院長として就任しました。
 私は幼い頃から身体を動かすことが大好きで空手・水泳・バスケ・テニス・スノーボードなど様々なスポーツに挑戦してきました。その中でスポーツの楽しさ、思ったとおりの動きができたときの達成感などを体感できた反面、怪我をしてしまったときの辛さ、再発の恐怖などの悪い部分も経験しました。当時ケガについての知識がなかった私は、放っておけば大丈夫とたかをくくっていましたが、その後遺症は腰痛や足首の痛みとして今でも続いています。
 このように怪我は放置していると必ず何らかの影響として後々現れます。私はそのときの経験とこれまでに培った解剖・生理学やトレーナーとしての知識から、今だけでなく将来のことまで見据えたお体の改善のためのお手伝い・助言をしていきたいと考えております。身体のことでお困りのことがあれば何でもご相談ください!
趣味 水族館巡り(九州の水族館制覇!)、スポーツ全般(現在はバスケ、スノーボードを続けています)

鍼灸師 白石 美優

「はり師」「きゅう師」の国家資格を取得しています。

私は小学5年生から高校卒業までの8年間、ソフトボールに打ち込んできました。
他にも水泳とダンスの経験が6年間ほどあります。
これだけスポーツをやっていると怪我に苦しむことも多々ありました。
腰椎椎間板ヘルニア、シンスプリント、捻挫、肉離れなど、、、
思うように動けないもどかしさ、練習や試合に参加できない悔しさ、
そんなときに出会ったのが鍼灸治療でした。

怪我や痛みのつらさ、鍼灸治療の良さ、
両方を実際に経験したからこそ私はこの仕事を選びました。

私と同じように怪我や痛みに苦しみ、つらい思いをしている方々を 心身ともに支えていけるよう全力で治療・サポートさせていただきます!

「はり」は痛そう、、、
「きゅう」は熱そう、、、
「東洋医学」はよくわからない、、、

私もはじめは皆さんと同じ考えでした。 しかし、今までにはじめて鍼灸治療を受ける方々を担当させていただく中で 皆さんの鍼灸や東洋医学に対するイメージを覆してきました!

はじめてで不安だという方々にもぜひ鍼灸治療を受けていただきたいです!

鍼灸はこれまでにお話したような怪我だけでなく、様々な身体の不調に対応できます。
まずはお気軽にご相談ください!ご来院お待ちしております!