院長挨拶・スタッフ紹介

 

うぃんぐ訪問介護センター

管理者 加藤 裕太 (理学療法士 介護職員初任者)

全ての人が安心して暮らす事の出来る環境を作る

うぃんぐ訪問介護センターの管理者をしています加藤裕太です。
私は理学療法士ですが現在は訪問介護をしております。
リハビリ学生の頃より高齢者を支える社会資源のために働くことを志していました。
卒業後は急性期、回復期、維持期の病床を持っている法人に就職、老人保健施設で働きました。
2年後に在宅サービスを学ぶためにオーストラリアへ留学し、帰国後は訪問看護ステーションで3年間勤務致しました。
うぃんぐ鍼灸整骨院の岡田院長と「全ての人が安心して暮らす事の出来る環境を作る。」を合い言葉にうぃんぐ訪問介護センターを作りました。
居宅サービスは普及してきていますが、まだまだ病気をしたら自宅でなく施設に入所する。という観念が残っているように感じています。
しかし「住み慣れた自宅で生活がしたい。」自宅での趣味や活動に生き甲斐を感じるという方は多く、その方々に自宅で安心して生活できる環境を整える事が私の使命と思っております。
またこれからは私たち医療・福祉の力だけでは皆様が望むような生活の実現は難しいと考えています。
地域の皆様と協力し合い誰もが住みやすい社会を作っていきたいと思っていますのでどうぞ宜しくお願い致します。
個人的な話しになるのですが、私加藤は以前、寿司屋さんをしておりました、得意なケアは調理です。私の料理を是非ご賞味あれ!!

得意なケア リハビリの知識を活かしたケア。
調理。シェフしていました、センター内での調理研修なども行っています。

サービス担当責任者 加藤 達喜 (准看護師)

より総合的に利用者様を観ることができるジェネラリストになりたい

はじめまして!サービス担当責任者の加藤達喜です!
私は准看護師の資格を取得し、現在は正看護師免許取得のため、夜間の学校に通いながらうぃんぐ訪問介護センターで働いています!
通っている学校にはほぼ全員病棟で勤務しています。それなのになぜ訪問介護を選んだかというと、将来より総合的に利用者様を観ることができるジェネラリストになりたいと思い、さまざまな方面から利用者様に関ることのできる訪問介護で働くことを決めました!
訪問介護を行うなかで看護の目を持って利用者さんと接することより、利用者様にとってより良いケアを目指していきます。
趣味はソフトテニスで11歳から20歳になった今でも現役でバリバリやってます!中学時代では県選抜に選ばれ、その年の県総体で優勝。高校時代でも県総体優勝。とても恵まれたテニス人生を送ってきました、その中で得ることの出来た喜びに達したときのあの感覚を忘れずに色々なことにチャレンジ!!の精神でがんばっていきます!
ちなみに私の名前は達喜です。喜びに達すると書いて達喜。もう覚えていただけましたでしょうか?

得意なケア 健康の維持など准看護師の知識を使ったケア。
テニスで全国大会に出場していることもあり力・体力を使うケア。

介護職員 山崎貴美 (介護職員初任者)

いつまでも楽しみをもって生活していける環境つくりに取り組んでいきたい

私は、11年間保育園にて勤務しておりました。 保育園に勤めていた時は季節の流れを全身で感じられる取り組みを企画していました。
とにかく毎日「楽しい雰囲気を作り」「子ども達を喜ばせる」ということを考え活動し、暑さ寒さ関係なく1年を通して鬼ごっこで身体を鍛えてきました。
そのため、私は年中元気いっぱいです!! ふと・・・子どもは、鬼ごっこができても、高齢者は体力的に鬼ごっこがなかなか難しいな。
そこで、・・・では高齢者は、どういう事で楽しみを感じ、どういう方法で元気を保つのだろう・・・という疑問が頭を回る中で転職し介護に携わることを決めました。
高齢者について学んで行く中で訪問介護に興味をもち、自分自身で高齢者の方がいつまでも楽しみをもって生活していける環境つくりに取り組んでいきたいと思うようになりました。
現在は子ども達と人生の大先輩方が共存し互いのQOLを高めていける社会支援を作るという野望を抱いています。
そして、また沢山の笑顔に出会える事を信じて!どうぞ宜しくお願い致します。

得意なケア 掃除関係のケア。綺麗好きなので掃除は細かい所まで丁寧にできます。
明るく元気な所が取り柄です!